眼龍義治(がんりゅう よしはる)

ganryu (1)
1937年、富山県高岡市出身。1960~1964年東京藝術大学音楽学部作曲科にて作曲を池内友次郎、島岡 譲、三善 晃。指揮を渡辺暁雄。箏・三絃を上木康江の諸氏に師事する。1968~1999年(学法)尚美学園にて後進の指導に当る。1999~2006年(NPO)邦楽教育振興会理事兼事務局長。2001年~現在  教育出版(株)中学音楽教科書「器楽」の執筆・編集に携わる。2002~現在 品川区立全小・中学校(53校)にて箏の体験学習の指導を担当。箏の師、故上木康江氏との約束でもあり、教科書執筆の関連もあるので、小・中・高校生のための和楽器合奏曲及び練習曲の作・編曲をライフワークとしている。